<< 第189話    2016年 初魚   の巻 | main | 第191話    1月に負ける    の巻 >>

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第190話    激浅    の巻

 
2016   1/8   金曜日


寝過したり、風が強かったりでしばらく休んでいたので、久々の釣り



この日もまた例によって風呂で寝てしまったんですが

起きたら、左手の小指と薬指と掌半分が麻痺してました

調べたら肘部管症候群というヤツらしいです


浴槽の中で変な体勢で寝てるからこうなる ・・・



神経の圧迫によって起こる症状だそうですが

親指を使ったつまむ動作にも影響するようで、確かに力が入らない


ポケットから物を取り出したり、車のサイドブレーキを外したりとかメチャやりずらい



そんな状態ですが、かまわず釣りに向かう



〜 5:00 釣り開始 〜




この日は久々に東サーフに入る事に


弟は休みなので別行動



サーフには誰もいない ・・・  釣れてないのか?



期待のワンドを攻めていくが、様子がおかしい


フローティングミノーでワンドの深いところを通してくるとめっちゃ底をずる



おかしい ・・・ 


大潮の満潮がらみで潜行深度1m未満のミノーが底をズルなどありえない


以前来た時には余裕で引いてこれたはず


どうやら地形が大幅に変わってしまったようだ




( どうりで人が来ねえわけだ ・・・ )



この場で続行しても、この地形じゃ100%釣れん


立ち込もうにも手前は深いし、進入路を探そうにも真っ暗でワカラン 



別ポイントに車で移動する事も考えたが、めんどくさい






昼の干潮時に見に行ったらこんなんなってました



※ 写真は仕事の昼休み中に撮ったものです



そりゃ底ずるわ




この場を捨てて、東にランガンする事に



しかし、どこもブレイク部分が浅くてまともにミノーを引けない



しばらく歩いてそこそこ水深があるポイントにたどり着く




風が出てきてミノーがいくらも飛ばないので、ジグに変更




しばらく投げるが反応なし



( あ、ブレイクの向こうを遠投で攻めるなら手前の地形関係ないじゃん )


という事に気づき、移動しようと思ったら手前で何かに引っ掛かる


すぐに外れたが、ゴミか魚か判別できなかった




移動しようと思ったが、もう時間ないし


今の感触が気になるので、5歩だけあるいて立ち位置を変える程度でキャストしてみる




帰る時刻まであと3分



( 今日はボウズかぁ ・・・ ) とあきらめていると   グン!






「 ありがとございますっ!! 」



ばらさないように慎重にファイトするが、左手が麻痺しててリールが巻きづらい ・・・



それでもなんとか無事キャッチ






ヒラメ   42cm



コイツをずり上げたところで、ちょうど帰宅時間を知らせるアラームが鳴る



「 ふぅ、ギリギリじゃん ・・・ 」





なんとか魚は手にできた






目標達成まで、あと97匹





おわり




使用タックル
ロッド :
Gクラフト セブンセンス モンスタージェッティーリミテッドMJLS-1032-TR
リール : シマノ 14 ステラ 4000 XG
ライン : モーリス  バリバス アバニ シーバス マックスパワー 1.2号
リーダー: モーリス バリバス VEP ショックリーダー 20lb
スナップ:カルティバ クイックスナップ #2
ルアー :アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットキャスト スリム 40g







スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 16:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM