<< 第193話  前途多難  の巻 | main | 第195話  釣れるまでやめなければ釣れる   の巻 >>

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第194話  チャート   の巻

2016    4/10    日曜日


〜 AM 4:25 〜


釣りに行くぞ!と弟に叩き起こされる

が、しかし眠いので激ムシして二度寝

しようと思ったが、休日を寝過すのはもったいない
しぶしぶ起きる事に


すでに準備万端の弟、対するオレは寝巻でコーヒーをすすってる状態

弟はしびれを切らして一足先に出発してしまった


( まぁいい、貴様はいくら早く行こうが釣れないが
         この俺様はどんなにのんびり行っても釣ってしまうからな )



と、ほくそ笑みながらパンをかじって強者の余裕を見せるオレ


朝食を終え、準備を始めるがライトが見つからない

どこだ?どこだ?と探してるうちに、気が付いたら外は明るくなっていた

( もうライトいらねーじゃん ・・・・・ )


ってことで出発


〜 5:30 西隣サーフ到着 〜


ここ最近は海が荒れたり雨が降ったり寝過したりで
なかなか来れなかったので、今日は魚を釣りたい



人がめちゃくちゃいる ・・・

日曜なのである程度覚悟はしてたが、思ってたのの3割増しの込み具合


入りたいピンスポットはドンピシャで入られている

その隣、人と人との間隔が約14mと他より広い

間をとって7mならかろうじて邪魔にはならないか?と悩みつつも
周りを見渡しても入れそうな場所がないので、両サイドの人にお願いすると快く入れてくれた


ジグ → ヘビーシンキングミノー → ワーム → Fミノー → シンキングミノー → ジグ

と試すが、反応なし


6:00を過ぎ時合いに突入してるはずだが、必殺のジグで粘るも反応ない


( やはりピンポイントから外れてるのがダメなのか ・・・ )


オレが狙っているピン、今まさに隣の人がやってる場所だが

何の変化も変哲もないポイントなのだが、どういうわけかココは高確率で釣れる
面白い事に地形や水深が変わろうが、その安定感は変わらないといった不思議なポイントだ
ただその幅は狭く、その一点と左右2mの範囲内しかダメ

つまり人一人立てば終わり

だから毎回、オレはこの場所を死に物狂いで狙っている

なぜならオレが西隣サーフで魚釣ってるのは、ほとんどこの場所だし
ついでに言うと弟が座布団釣ったのもここの場所だからだ


しばらくすると隣の人が東に移動し始める


それに合わせてオレも東にずれていく

そして、お目当てのピンにおさまることに成功


( よっしゃあああ〜〜〜!! )

平静を装いながらも心の中ではガッツポーズ


ただ、さっきからジグ投げまくってるのにかすりもしないので


最近気になってるモノを試す



メガバスのハリバット90だが
気になってるのはルアーではなくカラーの方

そう、このチャートカラーが最近気になっているのだ


最初このカラーを見た時は

「 ヒラメにチャートとかねーーよwww 」と完全にスルーしてたが ・・・

最近、カラーに対する考察を自分なりに進めるうちに考えが変わってきて
チャートってかなり可能性があるんじゃないか?と思うようになり慌てて買ってきたのだ


んで、ピンポイントに入っての3投目

カウントダウン → 着底 →  巻きはじめで グン!


「 おっしゃあっ!! 」


グングングン  フッ ・・・・・・・・・・


「 くそがああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!! 」


途中まで寄せてきたとこでバレました

人は多いが、周り見渡す限り誰も魚持ってない中掛けた貴重な魚だっただけに落胆


しかしあきらめずに同じ場所で粘ってると


グリグリグリグリグリ  グンッ!


「 よしっ!  今度は絶対バラさんっ!! 」




ヒラメ 41cm

胸鰭のところにまだ新しいキズがある
ひょっとしてさっきバラした魚だろうか?

兎にも角にも、チャートがちゃんと仕事してくれた、ちゃーとだけに ・・・(激寒)


離れた場所でやってた弟がオレの方に歩いてくる

砂の中に埋められた掛川市の旧ゴミ袋を見るなり

「 ちくしょう!釣ってやがるっ!! 」 


と悔しさを露わにする


「 あ、ゴメンよ? オレうまいもんで釣っちゃうだよね? 」


「 うぜええええええええええええーーーー!! 」


その後は粘っても釣れそうにないのでこれにて終了です



おわり


使用タックル
ロッド :
 Gクラフト セブンセンス モンスタージェッティーリミテッドMJLS-1032-TR
リール : シマノ 14 ステラ 4000 XG
ライン : モーリス  バリバス アバニ シーバス マックスパワー 1.2号
リーダー: モーリス バリバス VEP ショックリーダー 20lb
スナップ:カルティバ クイックスナップ #2
ルアー :メガバス ハリバット90
























 

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 22:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
写真を見るに静岡の込み具合がハンパないのですが、両隣いる中、同じ場所を粘って撃ち続けていても時合によって釣れるものなのでしょうか?
いつでも好きな時間に好きな場所に投げられる過疎地のランガン大好き人間から見ると絶望的に感じる状況なのですが・・・
aiatosanさん、こんばんは

そうですね、正直言って絶望的と言わざるをえません(笑)
人気ポイントの激戦区ともなると、5m間隔で東西に2km以上人が並ぶこともあります
もちろん、場所や釣れ具合によって変動するので空いてる時や場所もありますが

同じ場所で同じルアーを投げ続けると一見無意味な行為に思ってしまうのですが
時合いに入った途端いきなりバタバタっと釣れてしまうのがヒラメです

込み合うポイントでも、移動する人や帰る人がいるのでそのすきを狙えばランガンも可能ですが
やはり窮屈ですね^^;個人的には込み合うポイントは嫌いなので人が少ない場所で伸び伸びやれる環境が羨ましいです
  • ハチロー
  • 2016/04/11 10:04 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM