<< 第199話  釣れない釣り   の巻 | main | 第201話   早く    の巻 >>

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第200話  ビッグバド   の巻


2016          5/30         月曜日



仕事終わってからいつもの池へ

〜 17:25  釣り開始 〜


ハマーで攻めていくがバイトなし

南岸に入って、ハマー → ニゼロ → ハートテール → サンゼロ と乱れ打ったがダメ


このポイントのバスがスピナベにもクランクにも飽きてるのは分かっているが

シャッドテールワームもシカトするとは、なかなか やりますねぇ!


しかし、今日のオレの本命はビッグバドなのだ

バドなら食わせられるという確信があった、「何で?」って聞かれると困るけど
スピナベ、ワーム、クランクがダメならバドしかないでしょ?


バドの良いところは食い気ななくても口を使わせられるところと
喧しくて、使うと場が荒れると思われがちだが、さほど荒れない

それどころか、何回も通すことによってバスの怒りが蓄積し
バイトを誘発させることができる点だ

キャストを重ねてもそれがプラスに働くので
ポイントを自由に動けないオカッパリではかなり有利になる




カキョ カキョ カキョ カキョ カキョ カキョ  トス



数投後、足もとまで来たところでバスがつつく



( いいぞ ・・・! もっと怒れ ・・・! )



すぐさま同じコースにキャスト


カキョ カキョ カキョ カキョ カキョ カキョ   ガバッ!


思ったとおり、さっき突いてきた場所でバイトしてきた



「 お前らほんと分かりやすくて好き! 」





サイズは小さいが
狙い通りのルアーに狙い通りに食ってきてくれるとやはり嬉しい


移動


バドでゴロタを通すが不発



アシの横を通すが不発


もう少し際どいとこを通さないと食ってくれそうにないので
カエルが怖いが、アシ際のパラ葦に絡めながら引いてみる



カキョ カキョ カキョ カキョ カキョ カキョ   ガバッ!




コバスだが、狙い通りの場所で良い出方をしてくれた

最初カエルが食ったかと思ってかなりビビったのは内緒 ・・・





しかし、バドはスゴイ

一見おふざけとしか思えない外見なのに
バスを仕留めるための要素が絶妙なバランスで詰め込まれている

ビール缶を模った円筒形のボディーにより強い浮力を確保

そこにやや長めのリップをつける事で
派手な動きに加え、潜らず表層を引いてくることができる

しかも、サブサーフェスクランクのように短く立てたリップと違い
イイ感じに泳ぎが不規則になりチドリが入る

そしてその派手なアクションによって、ケツに付けられたブレードがボディーを叩き
円筒形で空洞の大きいボディー内部で響いて、その大きな音でバスを狂わせ
食い気の無いバスにまで問答無用で口を使わせる


まさに計算し尽くされた傑作ルアーである

しかし、なによりすごいと思うのは
こんなポテンシャルを秘めたルアーをバドワイザーのノベルティーとして完成させた事だ

そして、発売から41年経った今でも
シビアな日本のフィールドでバスを釣る道具として必要とされ続けている点だろう


やはりヘドンは偉大なり




おわり


使用タックル

ロッド : ロッド : テンリュウ ミッション MI68B-MH
リール : シマノ 07 メタニウムMg7 
ライン : 東レ  ソラロームII  スーパーストロング  16lb
スナップ : カルティバ クイックスナップ #1.5
ルアー :ヘドン ビッグバド









 

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM