<< 第207話   はじめての池   の巻 | main | 第209話   アルミボート   の巻 >>

第208話   試す   の巻

 

2016          7/20        水曜日

 

 

今日は午後から健康診断です

 

なので、午前中はフリー

 

 

前回、偵察して回った中から

イヤミ池、オソマ池、トホホ池あたりをサラッと回りたいと思い

 

4:30に起きるつもりが、普通に寝過して7:00起き

しかも準備の途中で寝ちゃったので、まだ準備もしてない・・・

 

 

「 あっちゃ〜〜〜 ・・・ 」

 

 

 

これでは複数回ることは不可能

 

時間ぎりぎりまで釣りしてバタバタしたくないので

一応10:00までと決めている

 

 

考えた結果、オソマ池一本に絞ることにした

 

 

 

〜 8:25  釣り開始 〜

 

 

この間の釣行で、おおよそこの池のバスの性格やクセは把握してある

そこから導き出した自分なりの攻略法の、何が通用して、何が通用しないか?

 

というのを試すのが今回の目的である

 

 

まず確認しておきたいのが、スラッゴーのサイトがどの程度通用するか?

 

 

堰堤隅のコバスで実験

 

誘いを掛けても興味は示すが見切る、おおむね予想通りの反応

さすがに叩かれまくってるだけあって、ストレートなアプローチでは口を使わない

 

しかし、タイミングとアプローチ次第ではイケると判断

 

 

奥に移動

 

 

 

もう一個試しておきたいのがギルパターン

 

 

ここのデカバス達はドシャローにいるギルを常食している

 

そこで、手持ちの超リアルギルルアーである

チャドクランク&チャドSに対してここのバスがどういう反応を示すか?

 

これを試しておきたい

 

さっそくチャドクランクで攻めるが、チェイスなし

 

 

 

チャドSに替えてヒシモの切れ間に漂わせると、40upがすっ飛んできてガン見

 

しかし、寸前で口を使わずUターン

 

 

 

「 くそ ・・・今のはいったと思ったけどな

               想像以上に手強いな ・・・ 」

 

 

 

ギルを追いこんで岸際や藻のまわりでバコン!とボイルはするが

ギルが隙を見せた瞬間しかボイルしないし、そこにルアーを絡めても当然のようにムシ

 

 

藻の上をフロッグやノーシンカーでしつこく攻めたが

この釣りでは、よっぽどタイミングが合わない限り釣れなさそう

 

 

そうこうしてるとチャドを木に引っ掛けてしまう

 

木に登ることも考えたが

nの字に垂れ下がってるので、ちょっとめんどくさい

 

 

 

ということで入水して取りに行きました

 

腰まで浸かってビッチャビチャ ・・・

 

 

※危険なので よい子はマネしないでね

 

 

 

〜 9:30 〜

 

 

もうあまり時間がない

 

戻りながら、スラッゴーを試してみる事に

 

 

 

岸際で40あるなし発見

 

気配を消した状態で

木の影からスラッゴーで狙うと、食いそうになるがあと一歩で口を使わない

 

やはりメインベイトがギルだからか、こういう細身のワームには反応がイマイチ

 

 

それでもしつこく狙っていると、マメバスがヒット

 

ハリが外れるまで待ったが、自力で外せないようなので仕方なく釣りあげる

 

 

 

おかげで40あるなし君は姿を消してしまった

 

 

 

残り時間あと10分

 

 

 

時間もないので、ラストで一番臭そうなポイント

奥の奥の、枝が入り組んでるドシャローにスキッピングでねじ込む

 

 

 

チョンチョンチョンチョンチョン グニ ・・・

 

 

「 食った 」

 

 

 

ジイイィィィィーーーーーーーーーー!!   ガバガバアッ!!

 

 

 

時間ぎりぎりで44cm

 

手間を惜しまず丁寧に攻めれば

スラッゴーのサイトもこの池で通用することがわかった

 

 

 

帰り際、堰堤端で40upを狙い撃ちにするが ・・・

 

 

40upが食う前にコバスが横取り40萬

 

 

「 お前さっきあれだけシカトこいてたくせに

         こういう時ばっかすんなり食うなよ ・・・ 」

 

 

やはり、気配を断って慎重にアプローチすれば口は使うようだ

 

 

現時点で5分オーバー

 

 

 

時間さえあれば残りのバスも釣れるが、今日はこのくらいにしておいてやろう

 

 

あ〜〜〜〜〜 ほかの池も回りたかったぁ〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

ロッド : テンリュウ マグナインパクト MI62S-L
リール : ダイワ 12 イグジスト 2004
ライン : デュエル X-TEXコブラ 5lb
スナップ : 日本の部品屋 ロウ付けスナップ No.00
ルアー : ランカーシティー スラッグゴー3inch

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 22:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM