<< 第208話   試す   の巻 | main | 第210話   フローター   の巻 >>

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第209話   アルミボート   の巻

 

2016          7/24        日曜日

 

 

 

ようやくボートが来ました

 

 

 

ので、久々の都田での釣りです

 

 

 

寝過して7:40ごろ着

 

 

 

チャチャッと終わらせるつもりで準備していると

 

なにやら バチバチ 聞こえる

 

 

見ると、エレキのコードと延長コードの接続部分の金属が接触してショートしてる!

 

 

「 あ!やべぇ! ゴムカバー付けるの忘れてた!! 」

 

 

エレキの動作確認のため、うっかりバッテリーに繋いだまんまにしてた

 

 

しまいにはバッテリーからも火花

 

 

こりゃ大変!と急いで外そうとするが ・・・

 

 

 

ジュウウウ~~~   

 

 

「  アツゥイ!!  」

 

 

 

コードもナットも尋常じゃないくらい熱を持ってしまい、まともに触れない

 

それでも、根性で外す

 

 

 

 

そして、なんとかゴムカバーをかぶせたが

 

新艇の底にさっそくヤキが入った ・・・

 

 

ターミナル組むかノブナット付けろや!って話ですが忘れてました

 

 

 

 

なんとかセットし終え、スロープに向かおうとするが

 

 

ズルゥ〜〜〜  ガッチャン

 

 

今度はクランプドーリーが滑って外れる

 

さすがにすべてセットした状態じゃ重すぎか?

 

 

荷物を減らして再度チャレンジ

 

 

ズルゥ〜〜〜  ガッチャン

 

 

「 ・・・・・・ 」

 

 

 

 

さらに荷物を減らし、デッキとエレキのみにしてみる

 

これならイケるだろ?

 

 

 

ズルゥ〜〜〜  ガッチャン

 

 

 

 

 

「 上等だテメー 表でろ  」

 

 

※すでに表です

 

 

 

このドーリー、滑るとは聞いていたが、さすがに想像以上だった ・・・

まったく使い物にならねーじゃんコレ

 

 

エレキを外すのはめんどいので、滑ったり外れたりを繰り返しながらも

意地で水辺までおろす

 

 

結局、他の荷物は数回に分けて運び羽目に ・・・

 

 

フロボの時はセットしてゴロゴロだったから気にしなかったけど

 

アルミの人たちが、なぜみんな物々しい台車で運搬してたのか

その理由が今初めて分かった

 

 

水辺まで近けりゃ問題ないけど、ここは都田

高低差20m、距離120mごえの地獄のスロープだ

 

考えが甘かったわ、こりゃマジメに運搬機具と方法を考えねばならんな

 

 

 

 

 

 

なんとか湖上に出るが、正直疲れた

 

もうすでに帰りたい

 

 

 

「 帰りはもっと地獄なんだよなぁ ・・・ 」

 

 

アルミボート自体は池原とか七色のレンタルボートで散々乗ってるが

自分で準備するのは今回が初めて

 

 

アルミを所有するのも初めてだし

 

くの字マウントのエレキを買ったのも初めて

 

ボートを車に乗せるためのキャリアを組むのも初めてだし

 

専門用語もチンプンカンプン ・・・

 

各部品や道具が何に使うモノで、何のために必要なのかもよく知らんし

 

はっきり言って、なにひとつワカラン状態からのスタートだった

 

 

経験者に助言を求めれば簡単だったかもしれないが、あえてそれは避けた

 

もともと性分的に人の手を借りるが嫌いだし

そうでなくとも、コレだけはなんとしても一から自力でやりたかった

 

 

自分の歩く道は、自分で切り開かなきゃ気が済まない性質なので

失敗も遠回りも覚悟の上です

 

 

 

 

 

 

肝心の釣行の方なんですが

 

 

結果から言うとデカイの釣れませんでした 

 

 

 

 

コバスをスラッゴーで15匹ほどいじめて終わりという

 

クソ面白くもない展開でした

 

 

 

 

 

上流には40以上は見えず

 

中流には40後半が1匹いたものの、釣られたせいかショック状態でルアー激無視

 

 

ほか、トップやクランクやスピナベやビッグベイトでハメたかったのですが

 

 

 

結局のところ、手も足も出ずお終いとなりました

 

 

さすがのドS湖、そう簡単に甘い思いはさせてくれないようです

 

 

でも、一つ嬉しかったのはウィードが復活してました

長らくの減水工事で死滅していましたが、徐々に繁殖しているようです

 

 

しかし

 

 

帰りの片づけは、言うまでもなく地獄でした

 

 

 

 

おわり

 

 

ロッド : テンリュウ マグナインパクト MI62S-L
リール : ダイワ 12 イグジスト 2004
ライン : デュエル X-TEXコブラ 5lb
スナップ : 日本の部品屋 ロウ付けスナップ No.00
ルアー : ランカーシティー スラッグゴー3inch

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 23:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ハチローさんこんにちは。
いいですねー!新艇。
どこのアルミですか?
自分はフルに組んだ状態であの地獄のスロープを行く気にはなれません。(笑)
  • 俺は大工だ!
  • 2016/07/27 6:36 AM
俺は大工だ!さん、こんにちは

ボートはジェイワンさんのBC10です

台車みたいなやつでガチガチに組めば、フルでも下りはイケるかもですが
帰りに登るのは絶対無理ですね(笑)
  • ハチロー
  • 2016/07/27 12:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM